東頭山妙覚寺

永正元年(1505年)に再建され、明和5年(1768年)に山門を含め七堂伽藍が整備され、その後の風雪などにより建て替えられつつ今日に至っています
堂々とした朱色の山門が印象的です

「平和・喜之鐘」と名付けられた鐘楼は、太平洋戦争中の金属類回収令によって国に献納されましたが、全檀信徒の寄進により昭和27年(1952年)に再建されたものです