伊能忠敬 出生地

江戸時代に精緻な日本地図を測量によって作る大事業を成し遂げた伊能忠敬は、延享二年(1745年)に上総国山辺郡小関村(現九十九里町小関)の旧家小関五郎左衛門の家に生まれました。
後に佐原の伊能家に養子として入り、伊能忠敬と名乗っています。
伊能忠敬の偉業を後世に伝えるため、伊能忠敬記念公園として残されています。