徳富蘆花文学碑

明治・大正の文豪徳富蘆花は、大正6年(1917年)の春から夏にかけて粟生納屋の別荘に滞在しました
徳富蘆花を偲ぶ記念碑が、九十九里浜の海岸にひっそりと佇んでいます

「新春」と題する蘆花が健次郎の本名で認めた碑文には、九十九里の自然への強い愛着がするされています

新春  徳富健次郎
九十九里
約七千里の海岸線を有つ本州日本には、日本海方面にも、太平洋面にも、随分長い砂浜はありますが、上総の九十九里位美しい浜はありません。北、飯岡の岬から、南、大東岬まで、六丁一里で九十九里、実測で十六里半の砂浜は、其慮に其美しい形を被るべき一の小山一の岩礁だになく、永劫に、白波け立て、おそひ寄る大東洋に対して、弛む時ない半月の弓をじわりと張って受け止めて居ます(以下略)